蛇口からお湯が出ない!?蛇口の種類や故障の原因を学んで適切に対処しよう!

蛇口からお湯が出にくくなってしまったり、壊れてしまった蛇口を新しく交換したいなら、専門の修理業者に相談するのがおすすめです。また、業者に依頼する前に蛇口の種類について知っておいたり、蛇口が壊れてしまう原因にはどんなものがあるのか知っておけば、自分の目的にぴったり合う蛇口や業者を見つけやすくなります。

こちらの記事では、そんな蛇口に関する基本的な知識について詳しく紹介していきます。

蛇口の種類はどれぐらいあるの?

蛇口とは水が出る部分や、水を出す器具全体を指す言葉です。水を止めたり出すために使う金具部分は水栓という名称で呼ばれており、単水栓や混合栓などの種類が存在します。単水栓は水かお湯だけが出る水栓で、ハンドルをひねったり回すことで吐水や止水ができます。

仕組みとしては、ハンドルを回すと内部にあるスピンドルという部品が上がり、弁座をふさいでいたコマが動いて隙間ができるので、そこから水が出てくるようになっています。コマや弁座といった内部の部品が老朽化すると水漏れなどのトラブルが起きやすくなるので、長年使っている単水栓がある場合は、それぞれの器具の交換や蛇口全体の交換も検討してみることをおすすめします。

混合栓は水とお湯を1台で出せる水栓のことで、ハンドルが2つある2ハンドル混合水栓や、1レバー混合水栓というレバー1つで操作できるもの、お湯を一定の温度に保ってくれるサーモスタット混合水栓などの種類があります。

2ハンドル混合水栓は2つのハンドルを回して温度や水量を調節できるタイプで、洗面所やバスルームで使われることが多い水栓です。1レバー混合水栓はレバーを上下や左右に動かすことで吐水・止水をしたり、お湯と水を切り替えて使用できます。

サーモスタット混合水栓はお湯の温度を調節するハンドルと、水量の調節やシャワーとカランを切り替えるためのものなど、複数のハンドルがついているタイプが多いです。

短い時間でお湯を出せますし、突然お湯の温度が下がったりする心配が少ないので、バスルームで使うのにぴったりな水栓です。

色々なタイプが存在する単水栓

単水栓はさらに細かい種類でわけられ、横水栓という水を出す部分が動かせないものや、万能ホーム水栓と呼ばれる吐水口がタテ方向にも回転できるタイプ、自在水栓という横に吐水口を動かせるものもあります。屋外でホースを使う時のために専用の器具が取り付けられているカップリング付横水栓や、散水栓という散水ホースを取り付けるための水栓、公園の水のみ場に設置されている水のみ水栓、ハンドルが器具の上ではなく横部分についている横形自在水栓など、変わった形状の単水栓も存在します。

家庭用のものや飲食店で使われるものなど、その使用用途も多岐に渡ります。

公共施設でよく使われている水栓は?

ほかには公共の場所で使われることが多いオートストップ水栓や自動水栓、タッチレス水栓などの種類が存在します。オートストップ水栓はボタンを押すと水が出てくるタイプで、自動で水が止まるので短時間で手を洗えますし、水がついた手で触れられることが少ないので、汚れもつきにくいです。

水の止め忘れの心配も少ないので、急いで使用されることが多い公共の場所によく設置されています。自動水栓は手を蛇口付近に近づけることで水が出るもので、こちらも自動で水がストップします。センサー式なので衛生的にも安心して使いやすく、公共の場所のトイレなどで見かけやすいです。

タッチレス水栓もセンサーで水を止めたり出すことができるタイプで、デザインもユニークなものが多いです。手で触れなくても使える便利さからキッチンに設置されることが多く、スタイリッシュな部屋にも合う製品が多数販売されています。

蛇口が壊れた!原因は?

蛇口が壊れてしまった原因を調べる時は、まず初めにきちんと水を止めておき、具体的にどんな症状が起きているのか確認してから作業を開始しましょう。蛇口から少量の水しか出なくなるのもよくある症状ですが、この場合は蛇口の先端に設置してあるフィルターの内部に鉄さびがたまっていたり、ゴミなどがつまっていないか確認するのがおすすめです。

フィルターなら取り外せるので、たまってしまったものを除去してつけなおせば直ることが多いです。水が完全に出なくなってしまった場合は、蛇口の排水口部分にゴミや水垢などがつまっていないか調べ、洗剤などで掃除すれば直ることもあります。

水漏れが続く時は水栓内部の部品に原因がある場合が多く、水栓の種類を確認し、どの箇所で水漏れが起きているかチェックすることで、さらに修理しやすくなります。例えば2ハンドル混合水栓の場合、吐水口から水が漏れているならパッキンの劣化が疑われますし、ハンドルの下部分から水が漏れているなら、ナットの緩みが原因だったり、コマパッキンが磨耗している可能性が高いです。

1レバー混合水栓ではレバーの下から水が漏れてくるケースが多く、これはバルブカートリッジという部品の劣化が原因です。吐水口から水が漏れている場合もバルブカートリッジに原因があることが多いので、優先的に状態を調べてみると良いでしょう。

浴室の蛇口から水漏れ!そんな時の対処方法とは?

お湯が出ない時は何をチェックすべき?

水ではなくお湯が蛇口から出にくくなったり、完全に出なくなってしまった時は、水はちゃんと出るか、全ての蛇口からお湯が出ないのか確認すると、原因を把握しやすくなります。全ての蛇口が「水は出るがお湯は出ない」状態になっているなら、給湯器やガスに原因がある可能性が高いです。

給湯器の異常は、給湯器本体やリモコンの電源が入っていない、給湯器の温度が低く設定されている、ブレーカーが落ちている時などに発生しやすいです。どうしても原因がわからない時は、給湯器を購入した業者に見てもらうと良いでしょう。

ガスに異常がある時はまず換気をし、ガスが漏れていないか確認する必要があります。万が一ガスが漏れていた場合はすぐにガス会社に相談し、火事を防ぐためにそのまま何も触れないようにしておきましょう。地震や不適切な使い方をしたことでガスそのものが使えない時は復帰作業が必要となるので、それぞれのガス会社の公式サイトなどを参考にして、適切な方法を実地しましょう。

お湯も水も出ない時は、断水や止水栓の異常、給湯器の凍結などの原因が考えられます。止水栓が開いているかチェックしたり、近所の家でも水が使えないのか聞いてみたり、給湯器の内部が凍っていないか調べてみましょう。

ある特定の蛇口だけお湯が出ない場合は、水栓内部のバルブカートリッジが壊れていたり、温度を調節する部品の劣化などが原因であることが多いです。部品を交換したり、修理業者に依頼するといった方法で対処するのがおすすめです。