浴室の蛇口から水漏れ!そんな時の対処方法とは?

毎日の生活の中で、水回りのトラブルに巻き込まれることは珍しくありません。水回りのトラブルで特に多いのが、蛇口に関するトラブルです。蛇口は主に、キッチンや浴室、洗面台に取り付けられています。今回の記事では、これらの中から特に浴室の蛇口にスポットを当て、蛇口回りのトラブルの種類や対処方法などについて詳しくご紹介していきます。

浴室の蛇口回りのトラブルとは

浴室の蛇口のトラブルには、次のようなものがあります。

・水漏れ

・水やお湯が止まらない

・水やお湯が出ない

・蛇口の温度設定がうまくいかない蛇口のトラブルで一番多いのが、蛇口から水が漏れているというものです。水漏れにはハンドルをしっかりと閉めているのに水が漏れる場合と、お湯や水を流している時にどこからか水が漏れてくるという、2つの場合があります。

それぞれ原因と対処方法が違うので、しっかりと見極めて対処しなければなりません。また、水漏れではなく、ハンドルを閉めても水やお湯が全然止まらないということもあります。逆に、ハンドルを開いても水やお湯がまるで出ないということもありますが、原因のほとんどは給水管の破損による漏水か元栓の不具合です。

サーモスタット混合水栓を使用している家庭は増えていますが、サーモスタットが故障すると蛇口の温度設定がうまくいかなくなってしまいます。このように、浴室の蛇口のトラブルにはいろいろな種類があり、その原因も様々です。

また、蛇口の種類によっても原因に違いが生じるので、それぞれの蛇口に適した処置をする必要があります。蛇口は主に、次の4つのタイプに分けられます。・単水栓・ツーハンドル混合水栓・シングルレバー混合水栓・サーモスタット混合水栓

では、それぞれのタイプごとの違いと、トラブルの対処方法を見ていきましょう。

「単水栓」は一番シンプルな蛇口

「単水栓」は、一番基本的な蛇口です。水やお湯の吐水と止水を行うだけなので、とてもシンプルな構造をしています。単水栓にはキッチンなどでよく見られる蛇口の先に自在に動く細長い口が付いている「自在水栓」や、蛇口が斜め上方向を向いている「散水栓」などのような様々な種類があります。

浴室で主に使用されているのは「横水栓」と呼ばれているもので、上のハンドルを回すと下向きの蛇口から水やお湯が出てきます。ホームセンター等でこの蛇口を購入する時には、「横水栓」と店員に告げるとすぐに対応してくれるので覚えておきましょう。

この蛇口によくあるトラブルは、ハンドルを閉めたのに水がポタポタ漏れてくるというものです。また、ハンドル部分と本体結合部からの水漏れもよくみられます。これらはパッキンの交換で改善しますが、ホームセンターなどでは850円ほどで売られているので、蛇口ごと交換をするのもよいでしょう。

交換方法は比較的簡単です。まず水やお湯の元栓を完全に閉め、両手でしっかりと蛇口を握ったら、そのままゆっくりと反時計回りに回して下さい。固くてなかなか回らない場合は、スパナなどを使用すると回るようになります。

どうしても回らない場合は専門業者に頼むしかありませんが、料金が発生するので注意が必要です。取り外したら中のサビやゴミを取り除きます。その後、新しい蛇口を取り付けるだけなので、そんなに時間もかかりません。

水とお湯のハンドルが別々なのが「ツーハンドル混合水栓」

「ツーハンドル混合水栓」は「ツーバブル混合栓」と呼ばれることもある水栓で、水とお湯の2つのハンドルが付いており、それぞれのハンドルで出る量を調節します。一定の温度に調整することが難しいため、最近はあまり見かけないようになってきています。

壁にそのままついている壁付けタイプと、蛇口に台が付いたデッキタイプがあります。ツーハンドル混合水栓による水回りのトラブルで多いのは、やはり水漏れです。水漏れの原因のほとんどはパッキンの劣化なので、交換をする必要があります。

パッキンを交換する方法は、水漏れが起こっている場所で違ってきます。ハンドル部分からの水漏れの場合は、まずハンドルを取り外します。ハンドルの上部にあるカバーを外すと、中にビスがあるのが分かります。そのビスをドライバーなどで取り外すと、ハンドル本体も取り外すことができます。

パッキンを交換する前に、スマホなどでパッキンの取り付け状態を撮影しておくと再度取り付ける時の参考になるので便利です。パッキンの交換が終わっても水が漏れる場合は、部品の劣化が考えられます。部品の交換が難しい場合は、ツーハンドル混合水栓の本体ごと交換するという手もあります。

壁付けタイプなら4,000円ぐらいで購入できますが、台付きになると10,000円を超えてきます。交換作業も難しくなるので、プロに頼むとよいでしょう。

蛇口からお湯が出ない!?蛇口の種類や故障の原因を学んで適切に対処しよう!

最近キッチンでよく見かける蛇口が「シングルレバー混合水栓」

「シングルレバー混合水栓」は、1つのレバーでお湯の温度と量を調節することができる水栓です。ホームキッチンで見かけることが多く、浴室ではあまりお目にかかれません。この水栓には、お湯を止める際にレバーを動かす方向によって2つのタイプがあります。

かつてはレバーを上にするとお湯が止まるタイプが主流でした。しかし地震などによる物の落下の衝撃で、レバーが下がってお湯が出っぱなしになることがあったため、最近ではレバーを下にするとお湯が止まるタイプが増えています。

水漏れの原因としてはバルブカートリッジの故障が挙げられます。交換が難しいようなら、本体ごと交換をしましょう。「シングルレバー混合水栓」はホームセンターなどで、7,500円ぐらいで購入することができます。

「サーモスタット混合水栓」はお湯の温度と量を簡単に調整できるので便利

「サーモスタット混合水栓」は、浴室で使われることの多い水栓です。お湯と水のハンドルを調節する必要がなく、簡単に好みの温度のお湯を出すことができます。浴室用のサーモスタット混合水栓は、シャワー付きのものが多くなっています。

このタイプの蛇口のトラブルで目立つのはやはり水漏れですが、シャワー部分と本体部分の結合部からの水漏れも多く、そのほとんどの原因はパッキンの摩耗です。結合部分はレンチなどで取り外すことができるので、自分で交換をすることができます。

お湯の温度が一定しないとか、好みの温度に調節できないなどのトラブルは、サーモススタット混合栓の温度ユニットを交換する必要があります。自分でもできますが、難しい場合はプロに相談をしてみましょう。

蛇口の不便を解消!ロングアームで快適度アップ!